ROSEROSE#1
1983年~1985年
1983年
12月に、HIROを中心として結成。
当時はUK PUNKをベースにアップビートアレンジした楽曲が多くキャッチーなイメージが強かった。
1984年
初LIVEを行うもサウンドスタイルをよりハードな方向性にしたかったHIROに対し、他のメンバーは音楽性の違いでこの年末に脱退。
この頃良く出入りしていたLIVE HOUSEは新宿JAMや渋谷LA MAMAだった事から音楽性が解るかもしれません。
1985年
リハーサルを重ね、当時の友人であり少しだけBassをサポートしてくれていた横田の紹介を受け、GuitarにSADA、結成当初からマネージャーだったICHIROWがDrum、BassにARISAが決まる。この4人で、LINE RECORDSよりソノシート
"BLEED FOR YOU"をリリース。結成当初のサウンドスタイルから比べると格段にハードかつヘヴィーに変貌を遂げていた。何故ならレコーディングも当時メタルの聖地であったエクスプロージョンで行われたのだ。その後、ARISA (ROSE MARY)が脱退しHIROがBassも兼任するようになる。この当時は、PUNK ROCK、HARD PUNK、HARD COREからの影響が大きかった。そしてさらなる飛躍のきっかけとなるCAPTAN RECORDSのV.A."REBEL BRAIN FACTORY"に2曲参加。この頃になるとさらにスピードとヘヴィネスを追求し始めていた。

ROSEROSE#2
1986年~1989年

1986年
DOGMA RECORDSより12inch"EMOTIONAL DISTURBANCE"を7月にリリース。
ハードコアとスラッシュを見事にクロスオーバーしたと自負していると「オマエらVENOMみてぇーだなっ」と言うお褒めの言葉を頂いたのがこの作品でした。
1987年
DOGMA RECORDSよりEP"SKATEHEAD'88"を1月にリリース。前作にアメリカンテイストをプラスし始めたのもこの頃で、更にクロスオーバーをし続け
メタルフレーバーを加え、3月にVICTORのV.A."SKULL THRASH ZONE Vol.1"に2曲参加した。同年には速く重くを突き詰めた音源をDOGMA RECORDSよりEP"BORN TO BE A SKATE BOY"LP"MOSH OF ASS"をリリース。完全にヴァイブスベクトルをあげた作品。ジャケットのハイセンスさはヨーロッパをも震撼させ、この"MOSH OF ASS"は IN YOUR FACEからもライセンスリリースされたが刺激が強過ぎたオリジナルデザインのジャケットは変更された。
1988年
よりメタリックグラインド色を濃くし、DOGMA RECORDSより12inch"KILL YOUR BRAIN"とハードコア色を打ち出し、SICとのカップリングLP"THROBBING THE NEEDY"をVINYL SOLUTIONよりリリース。同年には、日本のPunk Bandとして初のイギリス&ヨーロッパツアー(スリーピングバッグツアー)をHERESY、KINGS OF OBLIVIONらと行っている。FUGAZI、SNUFF、BOLT THROWERらとの共演は実に貴重な経験だった。
1989年
DOGMA RECORDSよりLIVE TAPE(ROSEROSEとしては初のライブ作品)"DIRTY IS GOD"とSULAIS RECORDSからのV.A."NOBODY'S FAULT"に4曲参加する。SADA参加の最後の作品となる。このタイミングでスタッフだったNATSUKI(後のまぐろ兄さん)がGuitarとして加入。
ROSEROSE#3
1989年~1990年
1990年
IN YOUR FACEよりLP"LIQUIDATION"をリリースする。P.M.A RECORDSより"SURROUNDED BY FOES""DEADEN THE NERVE Pt.1"の2本のDEMO TAPEをリリース。この頃からDEATH METALサウンドと方向性を変えている。原宿LOS ANGELES CLUBを中心に企画LIVEを行う。
1991年
P.M.A RECORDSより初のCD"BRUTALIZE"をリリース。同年には、ヘビーかつエクストリームサウンドをつくるため2nd GuitarにYACHI(ex TERROR)を入れ、4人編成になる。
ROSEROSE#4
1991年~1997年
1992年
P.M.A RECORDSより4曲入りCD"DEADEN THE NERVE Pt.2"をリリースする。
1993年
DEATH METALサウンド最後となる、"DEGENERATE GENERATION"をP.M.A RECORDSよりリリースする。 1994年
メンバー同士のミ-ティングによりストレートなサウンドになり"BEMIRE"をP.M.A RECORDSよりリリースする。同時期に、P.M.A.RECORDSよりV.A."EAST STYLE"に5曲参加。
1995年
P.M.A RECORDSよりEP"PRIVATE OR NOT"をリリース。
1996年
P.M.A RECORDSよりDEMO TAPE"SOULS IN EACH BOX"をリリース。
1997年
SIX WEEKS RECORDS(U.S.A.)のV.A."A JAPANESE HARDCORE COMPILATION"に1曲参加する。これが、ICHIROWの最後の作品となる。後任にMAKI(ex UNHUMAN SOCIETY DEATH)が加入。
ROSEROSE#5
1997年~2004年
1998年
その頃から、”パンチの効いたサウンド”をテーマに"EVERYDAY LIFE"をR-STYLE DISCSよりリリース。 1999年
LIVEをあまり行わず、曲作りに専念し1年間で30曲以上を作る。ラフにレコーディングを頻繁に行う。NOT FOR SALEのDEMO TAPE"NO SILENT"を配布。2000年
Straight up RecordsのV.A."THERE IS HARD CORE MAKING A ENTRY 2000"に1曲参加。同レーベルより"NO MEDICINE CURES AN ASSHOLE"をリリース。
2001年
表立った活動はせず、ひたすら曲作りに専念する。 NOT FOR SALEのDEMO TAPE"POWER"を配布。2002年
4月から新宿URGAにて"DISTURB SITE"をスタート。
2003年
結成20周年。8月には、K.O.G.A Recordsより"99% IS SHIT"をリリース。その中に入っている"TYPICAL BACKWARDS"を初PVの製作。"U-ウラン Vol.2"のDVDにも参加。名古屋の鶴舞DAYTRIPで発売しているLIVEビデオに参加。
2004年
12/4のURGAのLIVEを最後にGuitarのYACHI、Dr.のMAKIが脱退。
ROSEROSE#6
2005年~2010年
2005年
GuitarにTAKEONGが加入。Dr.にYUJIが加入。7/17にNewメンバーにより復活LIVEを新宿URGAにて行う。
2006年
K.O.G.A Recordsの協力によりプライベートレーベル"DISTURB MANIA"を立ち上げる。
3/4に"INDEPENDENCE-D"-STREET ROCK DAY-に参加。4/5にALBUM "NEO UNKNOWN TRANCED SLAYERS"を発売。4/29に下北沢CLUB251からレコ発ツアーを行う。映画”嫌われ松子の一生”にN.U.T.S.の"THE END"が使われる。11/8に"SKATE REVENGE"をリリース。
2007年
アルバム"CHEAPER DREAM"を5月23日にK.O.G.A Recordsよりリリース。
6/23より大阪からレコ発ツアーをスタート。6/24 渋谷O WESTにてPUNK ROCK CONFIDENTIAL JAPAN創刊!!の発売記念LIVEに参加!アルバム "MOSH FROM THE FOR"B"IDDEN SIDE"をK.O.G.A Records12/5にリリース。
2008年
結成25周年。アルバム"VOOOTHZER"をK.O.G.A Recordsより5/8にリリース。
5/3博多から全国15ヶ所をまわる久々の大規模なツアーを決行。7/26に下北沢CLUB251にレコ発LIVEを行いROSEROSE以外、全BAND地方BANDを招き入れ大成功に終わる。10/11に"キルユアセンス vol.2"を新宿ANTIKNOCKで行い"MOSH OF ASS"のアルバムを完全再現したLIVEをレコーディング&映像シューティングを行う。
2009年
1/11に下北沢CLUB251にて"DISTURB SITE vol.18"を行い、10/11にレコーディングを行った音源"DLIVE INTO MOSH OF ASS"の発売GIGを決行!SKULL THRASH ZOREに参加したバンドで今回をキッカケに復活したSHELLSHOCKと同志JURASSIC JADEのほかに大阪から19年ぶりの再結成RIVERGEとこの日だけの復活、CORALが集まり大盛況に終わる。
ROSEROSE#7
2010年~2010年
1月11日のCLUB CITTA'川崎を最後にDr.のYUJIが脱退。後任ドラムex-URBAN TERRORのE-GAYER加入。
5/15に新メンバーにてLIVEを行う。"STRONG LINK"という新企画を立ち上げる。ジックリと新曲を作りはじめる。9/25に新宿LOFTで行われた”KEEP ON SMILING"をシューティングしたDVD(NOT FOR SALE)に1曲参加。
2011年
LIVEを重ね、新曲を作りあげる。disk unionのBxTxHxとレーベル契約をする。11月にレコーディングに入り、2日間という早さで21曲を録り終える。
2012年
3月7日にBxTxHxより"SKATETHRASH HEAVEN"をリリース。全21曲(新曲12曲、bonus tracks9曲)。3月24日の町田THE PLAY HOUSEを皮切りに全21ヶ所のリリースツアーを決行。
2013年
前年同様、LIVEを繰り返しながら年末にリリースする新作にむけて新曲を製作し12/4にNEW ALBUM"FUCKING CRAP FUCKING CHAOS"をリリース。
2014年
"FUCKING CRAP FUCKING CHAOS"を引き下げ東京他、各地をまわる。disk unionではT-シャツ特典。物販ではCOVER CD-Rを特典として付ける。沖縄で初LIVEを行い、年に約30本のLIVEをこなす。
2015年
"FUCKING CRAP FUCKING CHAOS"のツアーは、まだまだ終わらず全国を回る。札幌KOUNTER ACTION、20周年記念で真冬の札幌に行く。
また勢力的にLIVEを行う。10~11月にTILL YOU DEATHのVA用にレコーディングを行う。
GuitarのNATSUKINGが病気のため入院。8/15,11/23,11/29,12/5の4本のLIVEを3人で行うがその後12/27の新宿WILD SIDE TOKYOにて復活。
ROSEROSE#8
2016年〜
オブシンリチュアル、バーニングスピリッツ、ゲイトアンドバリケードやカッパンク参加等順調にLIVEを行うが、2月末に在籍28年目のGuitar、NATSUKIが引退を表明。
5月20日の札幌DUCEが彼のラストLIVEになった。
その後6月12日新宿御苑前MERRY-GO-ROUNDより新体制のスリーピース復活。
MERRY-GO-ROUND 3周年記念イベント、RISE ABOVE × HARD CORE CIRCUS、Attitude Adjustmentのサポート、総武線ヴァイオレンス等の名だたるイベントGIGに参加。
更にライブレコーディングや新曲造りに勤しみ2017年に突入。
1月に入り直ぐにスリーピースでのレコーディングを開始。
それと同時にスリーピースバンドを集めた企画TRIPLE MOSHOUTをメリーゴーランド店長タカナガーと共に1月からスタート。
3月にはもうひとつの企画THE FAINT SCREAMをスタート。
人数は減ったが活動は増す、と言う昔からの天邪鬼癖炸裂。
4月にはリリース前にフラゲなどと言いつつIMPALERの10執念を祝いにツアーに出ると言う…。
そして遂に新体制になり4月19日新作THE FINAL SIGN FOR CREATURESをドロップ。
スタジオテイクとライブテイクを織り交ぜた作品。何故ライブかと言うと、やはり人数減った感を前面に出したかったのか。。。
同年6月10日には西横浜エルプエンテにて盟友ジュラシックジェイドとのツーマンで1時間40分超えのギグを敢行。
2017年はなんと26本越えのギグを行う予定だ。TBA